<アメリカ航空, デルタ航空, ハワイアン航空, ユナイテット航空>オリンピックへ向け羽田空港便の増便★

LINEで送る

アメリカン航空、デルタ航空、ハワイアン航空そしてユナイテット航空は12のフライトを新しく東京羽田空港へ運用開始することを2019年2月21日に発表しました。導入が予定されている便はアメリカン航空4便、デルタ空港6便、ハワイアン航空3便そしてユナイテッド航空6便で、オリンピックが開催される7月までに運航開始を目途にしています。

「東京は世界で最も人気のある目的地の1つであり、21世紀の商取引の中心地です」と、シカゴに拠点を置く政策担当副社長、Steve Morrissey氏は述べています

Passengers board a Delta Airlines aircraft at Yokota Air Base, Japan; March 12, 2011. The aircraft was diverted to Yokota AB from Narita International Airport after an 8.9 magnitude earthquake struck off the eastern coast of Japan. (U.S. Air Force photo by Staff Sgt. Samuel Morse)(Released)

アメリカン航空会社はすでに羽田空港に毎日6便を運航しています。アメリカン航空とユナイテッド航空はそれぞれロサンゼルスサンフランシスコから、デルタ航空とハワイアン航空はそれぞれ2つずつ運航しています。デルタ空港はロサンゼルスとミネアポリス/セントポールから空港を運行し、ハワイアンはホノルルから空港を運航します。

追加されるフライトによって年間4000万人の利用客増加が見込まれています。2020年のオリンピックは多くの航空会社にとって今大きな原動力の1つとなっています。

テキサス州べースのアメリカン航空は、ダラスと羽田間で毎日2便、ロサンゼルス発1便の運航をこころみています。ダラスからは273席のボーイング777-200で運行し、ラスベガスロサンゼルスの両フライトは239席のボーイング787-8で運航されます。

アトランタベースのデルタ航空は東京行きのフライトの6便運航を考えていると発表しました。シアトルからのサービスは281席のA330-900neo、デトロイト発は306席のエアバスA350-900、ポートランド初は234席のA330-200、>アトランタ発は288席の777-200、そしてホノルル発は210席のボーリング767-300ERsによって運航されます。

デルタ航空は大韓航空と共同運航を行っており、アジアに焦点を当て、東京成田からソウル仁川(インチョン)のハブ空港にシフトしています。ハワイ航空はホノルルから羽田で一日3便を考慮しており、278席の A330-200sで運航されます。日本政府は新しく運航される予定の米国・羽田間の12便を、アメリカン航空とユナイテット航空市場のようにANAとJALにて手掛けていく方針を示す一方で、ハワイアン航空とJALはハワイと日本の間の共同事業のための独占禁止法の権限を求めています。

日本からアクセスがもっと便利になるアメリカのお得なホテル詳細・情報はコチラ