【一度はカンボジアを訪れたくなる4つの魅力】

LINEで送る

日本から飛行機で6時間で行けるカンボジア。現在は経済も発展し現代化しつつあり、日本からの観光客も年々右肩あがりです。今回ホテルホテル.comはそんなカンボジアへの旅行の魅力をお伝え致します!

1.世界遺産アンコール・ワット

カンボジアの象徴ともいえる世界遺産のアンコール・ワット。カンボジアを訪れるのなら必ず訪れたい観光スポットです。大きな城壁に囲まれたアンコール・トム。そして歴史を全身全霊で感じることのできるバイヨンの回廊。青空の下のアンコール・ワットを堪能した後は、美しい夕日の光をあびるその世界遺産を眺めるのも素敵かもしれません。そんなアンコールワットの見どころはたくさん。一日で全てをまわるのは難しいほど。そんなゆっくり時間をかけてまわりたい観光客の皆様にお得なチケットがこちら。
●1日券:37USドル
●3日券:62USドル
●7日券:72USドル
美しい夕日を見ようと世界中から観光客が集まるアンコール・ワット。そこで注意しておきたいのが入場制限。1日300人までと規制があるので時間に余裕をもって訪れることをおすすめします。

2.自転車でのアンコール・ワット巡り

歩いて全て回るのは時間がかかる!とう観光客の皆様のために自転車でアンコール遺跡群をまわる、というオプションもあります。自然にかこまれるアンコール遺跡群を自転車の風とともに心地よい空気の中で堪能するのも素敵です。朝早くに出て美しい朝日を堪能してみませんか?夜は薄暗くなるので早めのUターンをおすすめします。

3.歴史を肌で感じることができる

カンボジアでは数十年前まで紛争があり今でも爪痕が残っています。今でもまだ地雷問題等が残っていて、日本ではもう感じることのできないような現実を目にしてカンボジアでしか学べないことを感じることができます。

4.美味しい郷土料理

東南アジア諸国に位置するカンボジア。主食は米だからこそ日本人にも合う食事。ソムロー(スープ)とご飯の組み合わせが基本です。大きな湖をもつカンボジアは魚料理が豊富。屋台・レストランと日本人でも楽しむことのできる郷土料理がたくさんあります。

歴史・建築・文化・歴史・料理と幅広く楽しむことのできるカンボジア。日本からも遠すぎることのないのでちょっと足を延ばした旅行をしたい方にはとてもオススメです。

そんなカンボジアの観光情報・ホテル料金詳細はコチラから